TOP > こんな風につくってます

機能を高める環境制御技術

環境制御型植物工場でアイスプラント栽培

HEFL照明技術で高品質な生産が可能

植物工場内で育つアイスプラント「ツブリナ(アイスプラント)」は、HEFL照明技術を採用した環境制御型植物工場にてクリーンな環境内で、水耕栽培技術を採用し、季節に左右されない高品質な
安定生産を可能としています。

「ツブリナ」は、シャキシャキ感のある茎を長く、葉は小さくなるように、HEFL照明の光質制御技術にこだわっています。


ツブリナ(アイスプラント)栽培について

ツブリナ生産工場

アイスプラントの植物工場高度な育成環境、HEFL照明光質(波長)、養液制御技術を駆使し、ツブリナ栽培
技術の開発に2年を費やしました。栽培
技術は、ノウハウの結集であり、公開はしておりません。全国でツブリナを地産地消モデルとして生産できるようアライアンスを組みビジネス展開をしております。
世界に認められる機能性新野菜ツブリナが、お客様の「美容と健康」のお役に立てることを願っています。


研究開発が進む「ツブリナ」

水耕栽培に適している訳

アイスプラントの苗塩味のアイスプラント栽培では、産地において、ハウス内での人工土壌培地NFT式が一般的に採用されています。一般的に、発芽率が低く、成長も遅く、高温期には病気になりやすく、栽培としては、高度な技術が必要であるとされています。

農地、庭などの土耕栽培の場合、土に
重金属が含まれると吸収、蓄積する可能性があり、特に地中にカドミウムなどの有害な
重金属が含まれている場合、一般作物以上に吸収、蓄積する特性があるために、予め
重金属の有無など、精密に土壌分析した上で栽培する必要があります。




ページトップへ