TOP > ご挨拶と理念

未来の農業のために

価値ある野菜の追求

ご挨拶

植物工場の具体的事業化を考え、早くも
8年目を迎えました。
農業の工業化、
事業採算性、社会貢献、地産地消など
「新事業」は考えれば、考えるほど行うべき高いハードルがあると感じています。

人工的に植物を栽培するためには、収益性の面から、それなりの付加価値を追求し、既存農業との差別化が不可欠です。植物工場は、人工栽培であることを活かし、野菜が持つ本来の「アンチエイジング機能」を高めることで「美容と健康」の実現に更に近づくことが可能になります。そのうえで、この機能や成分による、生活習慣病やアンチエイジングに関する医学的効果を立証することが重要であると考えています。

私達は、機能性「ツブリナ」として価値を高めたアイスプラント栽培事業を進めています。
「ツブリナ」には、安定した「イノシトール類」「βカロチン」「ビタミンK」「プロリン」などが
多く含まれています。

さらに、他の機能、成分も含め、どのように栽培すれば、価値ある野菜に出来るのかを追求しています。今後、機能を高濃縮「ツブリナ」の天然機能性素材の販売を始めていきます。

たくさんの皆様からご支援を頂き、一歩一歩、感謝の気持ちを忘れずに努力して参ります。

平成24年2月29日

経営理念
私たちは、植物の人工栽培を通じて、社会、環境に貢献します。
事業内容
・工場野菜販売
・HEFL、LED、蛍光灯などの照明設計、販売
・簡易植物栽培装置設計、販売
・植物工場設計、施工
私たちの約束
1.食の安全を追求し、商品の品質を高めます
2.食の安定供給と低価格化を追求します
3.栄養豊富なおいしい栽培に取り組みます
4.環境にやさしい生産方法を採用します
5.生産方法や生産履歴を情報公開します

沿革

平成18年4月 植物工場関連事業として会社設立
長浜バイオ大学 蔡教授と機能性野菜の研究開発を始める
平成18年6月 植物工場産レタス類のサンプル出荷開始
平成18年9月 ママズファームのHPを立ち上げる
平成20年5月 HEFL照明技術をプレスリリース
日本アドバンストアグリのHPを立ち上げる
平成20年7月 HEFL照明装置や植物人工栽培装置の販売開始
平成21年7月 農商工連携等連携事業者「苗事業」として認定される
平成21年11月 植物工場産アイスプラントのサンプル出荷開始
平成21年12月 農業経営改善計画認定事業社となる
平成22年2月 HEFLを利用したアイスプラントを「ツブリナ」ブランドとしてプレスリリース
ママズファームを「ツブリナ」専用HPに更新
平成22年5月 上海万博 上海館に、HEFL栽培装置を出展
ツブリナの出荷開始
※一年を通しての安定生産です。農薬は一切使いません。
平成23年6月 ツブリナの栄養成分表示し販売開始
平成23年9月 韓国テヨン社に技術供与、ツブリナを出荷開始
平成24年1月 ツブリナの小動物実験による予防医学的効果を公表
平成24年2月 3波長型LED照明(パネル型、蛍光管型)、HEFL蛍光管の販売開始
平成25年4月 グラシトール販売開始、モンドセレクション金賞受賞
平成25年10月 ロザリナの出荷開始 
平成26年2月 アグリ生活にて、「しあわせ減糖茶」販売開始
平成26年4月 グラシトール 二年連続モンドセレクション金賞受賞
平成26年7月 新型3波長ワイドバンドLED蛍光灯の販売開始
アグリ生活にて、「アレルバリア」の販売開始 
平成26年8月  ミュージックセキュリティーズ社にて「グラシトールファンド」
公募


ページトップへ